日帰り手術

白内障手術について

当院ではすべての手術は日帰りで行っています。約2.4mmの小さな傷口から手術を行います。状態にもよりますがおおむね5〜10分程度の手術となります。

術前後はリカバリー室で休んでもらいます。術前後の不安や緊張を和らげるために落ち着いた雰囲気にしてあります。リカバリー室には看護師を配置してありますので困ったことがあればなんでも言っていただけます。

人工レンズについて

白内障手術時には濁った水晶体を取り除いたあとに人工の透明なレンズを移植してきます。
その時の人工レンズには様々な種類があります。一般的には保険適応内の単焦点レンズを移植することが多いですが、焦点深度を拡張したFDoFレンズや遠近両用の多焦点レンズなどがあります。
健康保険が適応できるもの・できないものがありますので詳しくは診察時に医師にお尋ねください。

網膜硝子体手術について

網膜剥離や黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体出血などに対する手術になります。今までは入院でされることが多かった手術ですが、技術の進歩により今では日帰りの手術が可能になっています。当院では世界最小の約0.4mmの傷口から手術することが可能です。この事により術後の早い回復、合併症の軽減を実現しています。

緑内障手術について

緑内障手術はいくつかの術式がありますが、当院でメインでおこなっているのはMIGSと言われる小さな傷口から手術するものになります。身体的負担が少なく合併症も少ない術式になります。非常によく効く方がいる一方、進行した緑内障では効果が少ない場合があるので適切な術式を選択する必要があります。詳しくは医師にお尋ねください。

眼瞼手術について

主に行っているのは老人性の眼瞼下垂に対する手術です。日帰りで両眼同時に行います。まぶたが下がってきて見えにくい、おでこにシワが寄る、肩こりが酷い等の場合には眼瞼下垂が起きている可能性があります。また、下眼瞼(下まぶた)の筋肉が弱ってくると内反(内側にまわってくる)してくることがあります。下まつげが眼の中にはいって痛むだけではなく目ヤニがでたりします。筋肉を縫い縮めて内反を解消することが可能です。